製品案内

 

卓上/ポータブル隔膜式溶存酸素計(DO計) 【 3650/3655 】

ポータブルタイプの酸素計/酸素・水素計です。コンパクト且つ防水構造の筐体に本体・センサー・フローチャンバーが一体になっており、現場で持ち運んでの移動溶存酸素測定が可能となっています。液相、気相、両用タイプからお選びいただける3650と、0.1ppbまで測定可能な高感度液相酸素計/水素計の3655がございます。

隔膜式溶存酸素計
 

主な特長

・溶存酸素(DO)測定精度:±0.1ppb(水ベース)
・ほとんどの種類の有機溶媒に対応可能
・単二電池あるいはニッカドバッテリーで最高40時間動作。電池交換も簡単
・データロガ機能付き:500データ件の測定データを保存

高感度

水溶液中の溶存酸素測定ではスイッチオンから5分以内で測定が可能になります。しかも、0.1ppbまでの高感度・高精度分析が定常的に行えます。(3655)

測定を開始する前のウォーミングアップを必要としません。
左図は、飽和した酸素レベルから2ppb以下まで僅か3分で到達していることを示しています。

高精度

0.1ppb以内の高い精度で安定して溶存酸素を測定できる唯一のセンサーです。
さらに僅か7.2秒の早い応答スピードなので、常にリアルタイムで正確な値を測ることが出来ます。
電極の活性化や膜の交換は非常に簡単で3分程度の作業時間で済みます。

サンプリング

サンプルラインをフローチャンバーのインに接続するだけで簡単にオンライン測定が出来ます。面倒な前処理操作やサンプリング工程も一切不要です。

製造工程などのプロセス溶液中の溶存酸素・水素を必要な場所で測定することが可能です。

 

仕様

本体の種類

モデル 表示単位 表示分解能
液相測定用マイクロロガー酸素計
モデル3650/111
ppm/ppb またはppm 1ppb または0.001ppm
気相測定用マイクロロガー酸素計
モデル3650/112
%またはppm 1ppm
気相/液相両用マイクロロガー酸素計
モデル3650/113
ppm (液相)または%(気相) 0.001ppmまたは0.001%
液相測定用パワーロガー酸素計
モデル3655/111
ppm/ppbまたはppm 0.1ppbまたは0.001ppm
液相測定用マイクロロガー水素計
モデル3650/210
ppm/ppbまたはppm 0.1ppbまたは0.001ppm

本体の仕様

電源 単二アルカリ電池x2本
*ACアダプタ(別売りオプション)
動作時間 連続測定で最大40時間
ドリフト 次回保守まで0.5%以内
デジタル通信 RS-232
温度補正範囲 -5~+60℃
使用環境温度 0~+45℃
保護構造 IP67/NEMA 4X
CEマーク 電磁波基準: EN50081-1, EN50081-2, EN50082-1
寸法 115mm (W) x 150mm (H) x 220mm (D)
重量 2.4㎏

センサー(半透膜)の仕様

膜のモデル番号 2952A 2956A 2958A 29552A
応答速度* 38秒 7.2秒 9.5秒 90秒
DO2測定範囲 2ppb - 80ppm 0.1ppb - 20ppm 1ppb - 40ppm 2ppb - 80ppm
PO2測定範囲 5Pa - 200KPa 0.25Pa - 50KPa 2Pa - 100KPa 5Pa - 200KPa
液体の必要流量 50ml/分 180ml/分 120ml/分 50ml/分

*: 応答速度=25℃の基準ガスにおいて変化量の90%に到達するまでの時間

      

カタログダウンロード
PAGE TOP

株式会社ハック・ウルトラ 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1丁目29-9 TDビル5F 【MAP】

Copyright(C) HachUltra Co.,Ltd., All Right Reserved