製品案内

 

光学式酸素計(気液両用)  K1100/K1200 
- JIS B 8224:2016(ボイラ給水及びボイラ水-試験方法)準拠

従来の隔膜式溶存酸素計(DO計)と比較して、高精度かつ高速応答な溶存酸素測定(DO測定)を可能にした光学式DOセンサーを搭載。
ハイパフォーマンスでありながら、メンテナンスの負担が非常に小さい点が好評です。溶存酸素測定(DO測定)だけでなく、気相中の酸素測定も可能。  

光学式酸素計(DO/気相酸素)  K1100

Contents

 

主な特長

・ 溶存酸素(DO)測定精度:±0.8ppb
・ 校正頻度:1回/年、蛍光スポット寿命:約1年
・ 防水構造:IP66
・ 耐放射線モデルK1200も用意
・ 世界の発電所における納入実績多数 

 

測定方式

単光式酸素センサ

【蛍光式酸素センサーの概要】
蛍光の消光現象(クエンチング現象)を応用した測定方式です。
左図のように、蛍光スポットの蛍光体(図中①)に青励起光(図中②)を照射すると、赤い蛍光(図中③)を放ちます。この時、蛍光の減衰時間はサンプル中の溶存酸素濃度によって変調しますが(消光現象)、酸素濃度が高くなるに従って減衰時間が早くなります。この現象を利用することで、蛍光強度を計測することにより酸素濃度が定量できます。

 

仕様

測定原理 蛍光式
測定対象 純水、超純水、脱気水(固形物がないこと)
サンプル条件 温度: -5~50℃, 圧力: 0~2MPa
測定レンジ 低濃度仕様: 0~2ppm, 高濃度仕様: 0~40ppm
測定精度 低濃度仕様: 表示値の±2% または ±0.8ppb のいずれか大きい方
高濃度仕様: 表示値の±3% または ±20ppb のいずれか大きい方
測定下限値 低濃度仕様: 0.6ppb, 高濃度仕様: 15ppb
応答速度(90%応答) 低濃度仕様: 30秒以内, 高濃度仕様: 50秒以内
温度補正範囲 -5~50℃
測定温度範囲 0~100℃
校正 低濃度仕様: ゼロ点校正: 99.999%以上の純窒素ガス
高濃度仕様: 2点校正: ゼロ点(99.999%以上の純窒素ガス)および空気
検出器重量 0.74kg
検出器主要部材質 蛍光スポット: シリコン, Oリング: EPDM, ボディ: SUS
サンプルチューブ 外径6mm あるいは 1/4'', 材質: ナイロン あるいは SUS
 

動画

ORBISPHERE K1100 (English)
動画を見る

    

カタログダウンロード
PAGE TOP

株式会社ハック・ウルトラ 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1丁目29-9 TDビル5F 【MAP】

Copyright(C) HachUltra Co.,Ltd., All Right Reserved