製品案内

 

インライン用光学式溶存酸素計(DO計) 【 M1100 】

従来の隔膜式溶存酸素計(DO計)と比較して、高精度かつ高速応答な溶存酸素測定(DO測定)を可能にしたインライン用の光学式溶存酸素計(DO計)。ハイパフォーマンスでありながら、メンテナンスの負担が非常に小さい点が好評で、ビール業界で非常に実績のある製品です。  

インライン用光学式DO計(溶存酸素計) M1100
 

主な特長

・ 溶存酸素(DO)測定精度:±0.8ppb
・ 校正頻度:2回/年、蛍光スポット交換:1回/年
・ 配管工事不要、表示機本体の設置も簡単

 

測定原理

蛍光式酸素センサ測定原理

【蛍光式酸素センサーの概要】
蛍光の消光現象(クエンチング現象)を応用した測定方式です。
左図のように、蛍光スポットの蛍光体(図中①)に青励起光(図中②)を照射すると、赤い蛍光(図中③)を放ちます。この時、蛍光の減衰時間はサンプル中の溶存酸素濃度によって変調しますが(消光現象)、酸素濃度が高くなるに従って減衰時間が早くなります。この現象を利用することで、蛍光強度を計測することにより酸素濃度が定量できます。

 

システム構成と取付方法

酸素センサ システム構成

【システム構成】
(1) 表示機本体(410)
液晶画面に溶存酸素濃度と温度を表示。タッチパネルなので設定の変更も簡単。アナログ出力(4-20mA)、警報信号出力。パネル取付型/壁掛型から選択

(2) 光学式酸素センサー(M1100)
インラインでサンプルの溶存酸素を測定

(3) センサーケーブル
酸素センサーと表示機本体を接続。3m/5m/10m/15m/20mから選択

(4) センサーソケット(29501.0)
酸素センサーの取付座。直径50㎜以上のサンプルラインに溶接する。SUS製

従来のオービスフェア隔膜式酸素センサーのセンサーソケットとは互換性があるので、既設のソケットに光学式酸素センサーを接続することが可能です。

【センサー部分の取り付け方法】

センサソケット
センサソケット

・ ハック製のインラインDO計をお使いの場合
  互換性があるので、既存のセンサーソケット(座)をそのまま使用できます。(左図)

・ メトラー社製インラインDO計をお使いの場合
  既存のセンサーソケット(座)に12㎜センサーが接続可能です。(右図)
  (但し、4インチ以上の配管径が必要)

バリベント

・ 新規設置の場合
  溶接接続タイプの他にバリベント規格仕様のセンサーソケット(座)も選択可能です。(左図:センサーソケット、右図:取付例)

 

メンテナンス

ゼロ点校正

校正はゼロ点校正のみ(1点校正)

99.999%の窒素ガスまたはCO2ガスを使ったゼロ点校正(1点校正)です。

まずはラインからセンサーを取り外し、校正用チャンバーに取り付けます。
チャンバーにゼロガスを0.1MPaで供給。バルブで流量を調整します。
10分程度ゼロガスを流しチャンバー内の酸素が完全にパージされた後、本体のタッチパネルを操作してゼロ点校正が完了します。

校正頻度: 約6ヶ月に一度
作業時間: 約10分

スポットメンテナンス

スポット交換

付属の専用工具を使ってオーリングと蛍光スポットを取り外し、新しいオーリングと蛍光スポットを装着します。
どなたでも簡単にできる作業で、交換作業時間は3分程度です。

交換頻度: 約1年に一度
作業時間: 約3分

 

仕様

測定レンジ 0~2,000ppb (2ppm)
測定精度 ±0.8ppb (0~40ppb)
表示値の±2% (40~2,000ppb)
測定限界(LOD) 0.6ppb
応答時間(t 90%) 気相において10秒以内, ビール製造工程において30秒以内
表示分解能 0.1ppb
校正 ゼロ点校正 (一点校正)
校正ガス 純度99.999%のCO2またはN2ガス
材質 ボディ:SUS316L、 蛍光スポット:硬化シリコン、 オーリング:NBR

【新製品】 高濃度対応タイプ M1100-H

測定レンジ 0~40ppm
測定精度 ±0.020ppm (20ppb) または、
表示値の±3%  のいずれか大きい方
測定限界(LOD) 0.015ppm
応答時間(t 90%) ビール製造工程において50秒以内
表示分解能 0.1ppb
校正 ゼロガスと空気による2点校正
 

動画

ORBISPHERE K1100 (English)
動画を見る

 

カタログダウンロード
PAGE TOP

株式会社ハック・ウルトラ 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1丁目29-9 TDビル5F 【MAP】

Copyright(C) HachUltra Co.,Ltd., All Right Reserved