製品案内

  • TOPページ
  • マーケット 化学・石油精製業界
 

化学・石油精製業界

化学・石油業界における生産プロセス管理、排水水質管理、品質管理などにおいて、様々なHachの製品が使われています。

 

有機溶剤、有機溶媒中の溶存ガス測定

Hachの溶存ガス計は水だけはなく有機溶剤、有機溶媒中の溶存酸素(DO)、溶存窒素(DN)、溶存水素(DH)などの溶存ガスを測定することが出来ます。水同様に非常に高精度に計測できますので、合成等の反応工程における阻害要因である溶存酸素を、減圧や窒素バブリングで脱酸素した後に残存した超低濃度の溶存酸素を計測することも可能です。

このような目的で溶存酸素計(DO計)を利用されていなかったお客様が導入し、以前は安全サイドに倒して過剰に行っていた脱酸素プロセスを、溶存酸素測定に基づき最適化したことにより、省エネとコスト削減を実現した事例もあります。

本質安全防爆仕様の製品もございますので、防爆エリア内での測定にも対応できます。

 ≪有機溶媒用DO計 ダイジェストカタログ≫ 
 
【アプリケーション例】
・ 重合合成プロセス前の窒素バブリング工程における残存酸素のリアルタイムモニタリング
・ インキや樹脂系素材の減圧における脱気状態を溶存酸素測定により管理
・ 石油系サンプルの生成工程における溶存酸素監視

極端な強酸、強アルカリ、あるいは高粘性のサンプルでなければ、ほとんどの有機溶剤、有機溶媒で測定可能です。原則として販売前にテスト機で再現性のテストを無償で実施させていただいております。

【測定実績のある有機溶剤、有機溶媒の例】
THF、エタノール、IPA(イソプロピルアルコール)、メタノール、各種インク、酢酸エチル、ブタジエン、スチレン、トルエン、ヘキサン、パラフィン、エチレングリコール、アクリル酸、不凍液、航空機燃料、ナフサ、灯油、食用油、接着剤、レジスト液の溶存酸素測定(DO測定)
その他、数多くの実績がございます。お問い合わせください。

 
対応製品
 

排水水質監視

HachのオンラインTOC計BioTector B7000シリーズは、独自に開発した二段階湿式酸化方式を採用したことにより、他の方式では真似の出来ない“最高99.7%”にも達する圧倒的な稼働率と、高い信頼性により、工場の維持・運営コストの低減に貢献します。

高い塩分濃度やカルシウムを多量に含んだ環境にも対応し、測定毎に自動でセルフクリーニングを行う機能を装備しており、バクテリア等の発生や高粘度の油脂類やグリス分の付着も抑えてメンテナンスフリーを実現しました。通常は1ヶ月毎の試薬の補充と、6ヶ月毎の校正および定期部品交換のみで、面倒な内部清掃や濾過フィルターの交換といった作業から解放されます。

最高100,000ppmまで希釈不要。最大φ2mmの固形粒子までフィルター無しで測定が行えます。自動レンジ切り替え機能により、サンプル濃度の変動に追従し、濃度の違う複数流路(最大6ch)も安定して連続測定を行えます。

TOC測定値からCOD/BODへの換算も内部で行われ、高い相関が得られます。必要に応じTC/TIC値の表示や、VOC(揮発性有機炭素)にも対応可能です。

また、オプションでTN(全窒素)TP(全リン)測定へも対応し、総量規制地域での運用にも対応しており、全ての項目を10分以内の短い測定サイクルで測定するので、環境負荷物質の漏洩監視に威力を発揮します。

上水やボイラー水、最終放流水、回収水といった比較的低濃度なアプリケーション向けにはB3500Cシリーズをお勧めしております。

 
対応製品
PAGE TOP

株式会社ハック・ウルトラ 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1丁目29-9 TDビル5F 【MAP】

Copyright(C) HachUltra Co.,Ltd., All Right Reserved