製品案内

 

上下水・排水分野

浄水場における水道水・水道原水のTOC測定、高度処理を行う上下水道施設のオゾン処理プロセスにおけるオゾン濃度計測、産業排水における水質モニタリングなどでHachの製品が使われています。

 

水道水・水道原水のラボTOC測定

Hachのラボ向けTOC計 QbD1200 は、水道法の規定に基づく水道水・水道原水のTOC測定に対応しています。

大型カラータッチパネルによる使い易いGUI操作、高いメンテナンス性と診断機能、更に独自方式の短時間校正によるダウンタイムの削減などによる高い稼働率、年一回の部品交換など、TOC測定に関わる運用コストの削減に貢献いたします。

 
対応製品
 

高度上水・下水処理におけるオゾン濃度測定

不安定で分解しやすいオゾンガスをサンプリングせずに直接測定可能な隔膜形ポーラログラフィック方式の溶存オゾン計です。直線性に優れ、妨害物質による影響が少ないなどの特長を備えた上、隔膜カートリッジ式によりメンテナンスも簡単です。
510シリーズは最大3チャンネルのオゾン同時測定が可能なマルチチャンネルタイプで、表示機本体はポータブル、ラボ、プロセス用と用途に応じてお選びいただけます。

 
対応製品
 

排水水質監視

HachのオンラインTOC計BioTector B7000シリーズは、独自に開発した二段階湿式酸化方式を採用したことにより、他の方式では真似の出来ない“最高99.7%”にも達する圧倒的な稼働率と、高い信頼性により、工場の維持・運営コストの低減に貢献します。

高い塩分濃度やカルシウムを多量に含んだ環境にも対応し、測定毎に自動でセルフクリーニングを行う機能を装備しており、バクテリア等の発生や高粘度の油脂類の付着も抑えてメンテナンスフリーを実現しました。通常は1ヶ月毎の試薬の補充と、6ヶ月毎の校正および定期部品交換のみで、面倒な内部清掃や濾過フィルターの交換といった作業から解放されます。

最高100,000ppmまで希釈不要。最大φ2mmの固形粒子までフィルター無しで測定が行えます。自動レンジ切り替え機能により、サンプル濃度の変動に追従し、濃度の違う複数流路(最大6ch)も安定して連続測定を行えます。

TOC測定値からCOD/BODへの換算も内部で行われ、高い相関が得られます。必要に応じTC/TIC値の表示や、VOC(揮発性有機炭素)にも対応可能です。

また、オプションでTN(全窒素)TP(全リン)測定へも対応し、総量規制地域での運用にも対応しており、全ての項目を10分以内の短い測定サイクルで測定するので、環境負荷物質の漏洩監視に威力を発揮します。

ボイラー水、最終放流水、回収水といった比較的低濃度なアプリケーション向けにはB3500Cシリーズをお勧めしております。

 
対応製品
PAGE TOP

株式会社ハック・ウルトラ 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1丁目29-9 TDビル5F 【MAP】

Copyright(C) HachUltra Co.,Ltd., All Right Reserved